乳腺の症状疾患

CASE

乳房の症状についてSYMPTOMS OF THE BREAST

乳がんとは乳腺にできる悪性腫瘍で、初期の乳がんは自覚症状がほとんどありません。
乳腺の中にできたひとつのがん細胞が分裂・増殖を繰り返し、1mmの大きさになるには5年、手で触って確認できる1~2cmになるには7~8年もの歳月がかかります。
そのまま放置してしまうと、がん細胞は乳腺だけにとどまらず、わきの下のリンパ節、骨など全身に広がる恐れがあります。
定期検診、乳房に変化を感じたそのときに医療機関を受診することが、早期発見に繋がります。

乳がん検診大阪

しこり

「しこり」=「乳がん」ではありません。
乳腺症など別の病気でもしこりがみられ、しこりの約90%が良性といわれています。 良性のしこりは弾力性があり手で触ったときに動く傾向があり、一方、乳がんのしこりは硬く手で触ってもあまり動かないのが特徴ですが、感触で自己判断してしまうのは禁物です。

痛み・はれ

女性ホルモンの影響を受け、月経前、月経中に乳房の痛みやはれを感じるのはよくあることです。 月経周期に関係なく長期にわたって痛みやはれを感じる場合は、病気が関与している疑いがあります。

乳頭分泌

妊娠・授乳期以外の場合でも、乳頭から分泌物が出る場合があります。 乳腺症、乳腺炎、乳管内乳頭腫などで症状がみられ、最も多いのは乳管内乳頭腫と呼ばれる良性腫瘍によるものです。通常はサラサラとした透明・白色の液体ですが、少量の血が混ざる場合もあります。 黒っぽい血や鮮血が混ざる場合は、乳がんの疑いがあるため精密検査を受けましょう。

乳腺の良性疾患についてBENIGN DISEASES OF THE MAMMARY GLAND

乳房にしこりや痛みを感じて乳がんを心配される方も多くいらっしゃると思いますが、良性疾患でもそのような症状が出る場合があります。
ただし、良性か悪性かの区別は症状だけでは判断が難しいものです。 乳房に変化や違和感があった場合は、専門医に相談しましょう。

乳がん検診大阪

乳腺症について

乳腺症とは、女性ホルモンの分泌が活発な20~40代の女性に多い良性疾患です。
女性ホルモンの分泌が乱れることによって、しこり、痛みや張り、乳頭から分泌物が出るなど、乳房に様々な症状が現れます。乳がんとは無関係なことがほとんどで、症状の多くは自然と軽快に向かいます。

葉状腫瘍

葉状腫瘍とは、でこぼこしたこぶ状の腫瘍が乳腺にできる稀な病気です。
腫瘍は良性、悪性、良性と悪性の中間(境界病変)がありますが、見た目では他の病気との区別がつきにくい場合があります。

特徴

急速に腫瘍が大きくなるのが特徴で、見た目や感触で気づくことがあります。 数か月で10cmほどに大きくなることもあり、急速に腫瘍が増大したときは葉状腫瘍が疑われます。

検査方法

超音波検査やマンモグラフィだけでは確定的な診断が難しいため、細い針で乳房を刺し、腫瘍まで到達させることによって病変組織を採取する、針生検という方法が用いられます。 採取した組織は顕微鏡で詳細に観察され、葉状腫瘍かどうかの判断をします。

治療法

手術によって完全に腫瘍を取り除く必要があります。
再発を防ぐために、1~2cmほど大きく切除することが推奨され、腫瘍の大きさや悪性度の状況によっては、乳房を全摘出する場合もあります。 また、切除しても再発する可能性が比較的高く、良性のものでも再発を繰り返すうちに悪性度が増すものもあるため、定期的な検診が必要です。


アクセスマップ

住所:〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6丁目2-22 山崎製煉ビル2F
TEL:06-6767-0621
近鉄上本町駅11番出口を出てすぐ上本町交差点東北角

診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:30~18:30
※休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※土曜日に、胃カメラ・大腸カメラの検査を受けることができます。
マンモグラフィ、乳腺エコー・腹部エコー、一般レントゲン検査は適時おこなっております。