乳腺線維腺腫について|大阪の乳腺外科たかはし乳腺消化器クリニック  

乳腺線維腺腫について

乳腺良性腫瘍の中で最も頻度が高い。 20~30才代に多くみられます。
乳腺線維腺腫の発症には、女性ホルモンが関連しています。
そのために女性ホルモンの分泌が盛んな思春期以降の女性に多くみられます。
通常は2~3cm大程度のものが多くみられますが、思春期前後に生じる若年性線維腺腫では10cm以上の巨大な腫瘤を形成することがあります。
典型例では、癌との鑑別は比較的容易でありますが、中には癌との鑑別が容易でない場合があります。
乳腺線維腺腫であることが確定した場合、積極的な手術治療は行わずに慎重な経過観察を行います。
乳腺線維腺腫が非常に大きくなり審美性に問題がある場合や、持続する増大傾向がある場合には、手術的に切除することがあります。
ただし、切除をした後も、新しい別の乳腺線維腺腫によるしこりが生じる可能性はあります。

アクセスマップ
大阪市北区扇町にあるたかはし乳腺消化器クリニック
住所:〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6丁目2-22 山崎製煉ビル2F

TEL:06-6767-0621

近鉄上本町駅11番出口を出てすぐ上本町交差点東北角

診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:30~18:30
※休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※土曜日に、胃カメラ・大腸カメラの検査を受けることができます。
マンモグラフィ、乳腺エコー・腹部エコー、一般レントゲン検査は適時おこなっております。